アナログスイッチもスマート化してくれる小型装置「MINIBIG(ミニビッグ)プッシュミニ」

ガジェット

おはようございます。

連休は色々と用事が立て込んでいて忙しくしていました。

全然休んだ気がしませんがまた1週間頑張ります。

今日は、物理的にスイッチを操作してくれる IoT機器をサクッと紹介。

以前紹介した Switchbot と似た製品です。

スポンサーリンク
[adsenes]

MINIBIG(ミニビッグ)

製品イメージ
製品イメージ

クラウドファンディングサイトの makuake にて、2021年03月30日まで支援を募集中の製品。

MINIBIG(ミニビッグ)は、赤外線や Bluetooth、Wi-Fiに対応していない家電のアナログスイッチを物理的に操作してくれる便利な IoT製品です。

私の家ではスマート家電リモコンで赤外線対応している家電は大体スマート化されていますが、物理的に操作しなくてはならないものとして真っ先に思い浮かぶのはお風呂の追い炊きです。

他にも加湿器、空気清浄機、コーヒーメーカーなどがありますね。

MINIBIGがあればそんな家電もスマホやスマートスピーカーで簡単に操作することができるようになります。

特長

様々なスイッチに対応

様々なスイッチに対応
様々なスイッチに対応

壁に設置された電灯のスイッチから、給湯器、ヒーター、電源タップなど幅広いタイプのスイッチに設置してスマート化することができます。

とても小さいスイッチにも対応しているのでほとんどの物がスマート化できるかと思います。

スマホ向けアプリ

スマホ操作
スマホ操作

専用のアプリからプッシュミニの操作が可能です。

アプリは iOS、Androidの両方で提供されているので、大体の方は利用する事が出来るかと思います。

アプリ内で設置したプッシュミニに名前を付けて管理することができますし、一括で制御することも可能です。

また、ホーム画面にウィジェットを設置して、すぐに操作することもできますよ。

強さの調整

押す力は4段階で調整することができます。

少しの力で押せるボタンタイプや、ちょっと固めのトグルタイプまで、スイッチにあわせて調整することができるので

無理な力を加えて機器を壊したりする危険もありません。

外出先から操作できるハブミニ

ハブミニ
ハブミニ

プッシュミニと連携して、外出先からも操作できるようにするハブミニも一緒に使うと便利です。

ハブミニでは外出先からの操作以外にも、出入り検知機能や自動化、屋内の状態を計測するセンシング機能も搭載されています。

まとめ

色々なものがスマート化されてきていますが、まだまだ連携できないものも沢山あります。

物理的に操作しないとならない家電を便利に操作できるようにしてくれるMINIBIG製品。あるとお家時間も更に快適になりますね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ