睡眠の質をコントロールする!「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」で最高の眠りを手に入れよう

ガジェット

おはようございます。

ここ1か月ほど毎日のように何かしら夢を見ているのですが、
これってしっかり睡眠とれていないってことですよね。。

そのせいか毎日のように夕方頭痛になります。

睡眠の質が低下している原因はおそらくストレスによるものなのですが、自覚が無くて困ってます。

ということで、
睡眠の質を測定、コントロールするヘッドバンドを紹介。

スポンサーリンク

SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド

製品イメージ
製品イメージ

電動歯ブラシで有名なフィリップス・ジャパンから登場したウェアラブルデバイス。

公式より転載

ヘッドバンド型ウェアラブルデバイス SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンドは、

毎日が忙しく十分に睡眠時間が確保できない現代人の深睡眠の質を高め、日中の活力を高めることを目的に開発された製品です。

専用アプリ-SleepMapper-との連携で、あなたの睡眠の質を日々トラッキングできます。18歳以上で一晩の睡眠時間が6時間未満の方の使用を推奨しています。

私はスマートバンドでの睡眠記録をしているのですが、最近の記録を見てみても思ったよりスコアは悪くないんですよね。

それなのに、日中の気だるさや頭痛など(おそらく)睡眠不足による体調不良が起きているので、信用性は高くないのかなと思い始めています。

SmartSleepは、額の部分と耳の後ろに貼る脳波センサーとで睡眠の質を判定するので、信頼できるかもしれません。

特長

※枠内は公式より転載

睡眠の質を計測

アプリイメージ
アプリイメージ

専用アプリと連携することで、睡眠の質を毎日トラッキングすることができます。

アプリでは、夜間の健康睡眠スコアの表示、睡眠段階(レム、ノンレム等)の推移をグラフ化、オーディオトーン(後述)発生回数の可視化、使い方やQ&Aなどを確認することができます。

Android、iOSに対応しているのでスマホをお持ちの方であればそのまま連携できますね。

深い睡眠の質を高めるオーディオトーン

深い睡眠に入ったことを検知すると、その状態を持続させるためのオーディオトーンを出力します。

トーンの音量やタイミングは睡眠状態に合わせて自動で調整されます。

また、翌朝スマホにてオーディオトーンが発生した回数と、オーディオトーンにより深い睡眠が持続した時間を確認することができますよ。

付け心地のよいファブリック生地

ファブリック生地
ファブリック生地

頭に直接装着するため、ヘッドバンドには柔らかい布地が使用されています。

また、ベルトの長さを調整することで、頭の大きさに関わらず老若男女全ての人がお使いになれます。

耳裏のセンサーは使い捨て

使い捨てセンサー
使い捨てセンサー

耳に装着するセンサーは交換式で、ひとつの交換用センサーで3回(3晩)まで利用可能となっています。

セットには30個(90回分)のセンサーが同梱されていますが、それ以降は別途お買い求めください。(約3,300円程)

まとめ

このブログでもたまに睡眠に関わる記事を上げていますが、本当に睡眠は大事ですよね。

日中眠くなってしまうと仕事の効率も落ちますしね。

毎日活力みなぎる生活を送りたい方、気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

フィリップス スマートスリープ 睡眠補助装置 ディープスリープヘッドバンド HH1610/02
Philips(フィリップス)

スポンサーリンク


関連するコンテンツ