世界初の充電が必要ない活動量計「MOTHER Bracelet(マザーブレスレット)」で24時間365日健康モニタリングができる

家電

おはようございます。

今日は、24時間365日着用し続けられる充電不要な活動量計を紹介。

実は2年前にも紹介してたりします。

充電の必要がない世界初のスマートバンド型ウェアラブルトラッカー「MOTHER」

当時(2020年)は、2020年夏頃発売となっていましたが、大分予定がずれ込んだんでしょうかね。

スポンサーリンク

MOTHER Bracelet

製品イメージ
製品イメージ

株式会社メディロム より、クラウドファンディングを経て2022年4月に発売予定のウェアラブル活動量計。

価格は 44,000円(税込)となっています。

公式より転載

【日経トレンディ2022のヒット予測ベスト30に選出!】

「MOTHER Bracelet」は、24時間365日充電不要の活動量計です。

歩数・睡眠量・消費カロリー・心拍数・体表温の5つの記録がこれ1つで可能です。

充電不要のため、充電時のダウンタイム(データが取得できない時間)が発生しません。

スマートウォッチでは、現時点でも熱発電や光発電に対応しているものもありますが、活動量計としては世界初。

あくまで活動量計であり、健康管理の面で不調を引き起こす可能性があるスマホからの通知や時計の機能はついていません。

特長

※枠内は公式より転載

もはや、充電は不要。

充電不要
充電不要

外気と体表面の温度差を利用し発電、駆動。

シリコンバレー発、ゼーベック効果を利用した「温度差発電技術」を搭載。 体温と太陽光を利用、無充電が可能に。 持続可能なエネルギーを供給し続ける、エネルギー革命の道を切り開くデバイスです。

*ゼーベック効果を利用した充電不要の活動量計として(2021年7月3日 ESP総研調べ)

私が今使っている HUAWEI Band 6 も、充電をするためには外す以外方法がありません。

割とすぐに充電できるため困っている訳ではありませんが、充電が不要なのって単純にすごいことですよね。

外気と体表面の温度差を利用しているということなので、スマホなんかで応用はできなさそうですが、充電が必要な時計や活動量計が今後無くなるかもしれませんね。

目指したのは、究極の心地よさ。

着け心地の良さ
着け心地の良さ

かっこよく、美しくあるために身につけるもの。

だからこそ、ファッションを邪魔しないシンプルなフォルムを追求しました。

バンドは交換可能なので、プライベートやビジネスなど、シーンを選ばず使用できます。

現時点ではまだ公開されていませんが、交換可能なバンドを複数展開していく予定とのこと。

着脱が不要。だから、生活防水。

生活防水
生活防水

雨の日や入浴時にも肌身離さず着用できます。

生活防水なので水に濡れる心配もいりません。

24時間365日あなたのそばにいます。

この機能はまあ必須ですよね。

最近のウェアラブル機器においては標準装備と言ってもいいかと思います。

健康管理に、集中特化。

健康管理特化
健康管理特化

創造の資本は健康。

デジタルと繋がる世界は便利ですが、一方で心の不調を引き起こす要因にもなっています。

身につけた人が通知や時間を気にせず、クリエイティブな時間を過ごしてほしい。これが、私たちの願いです。

既にスマートウォッチを使っている人は、なかなか乗り換えづらい気もしますね。。

アプリ連携

アプリ連携
アプリ連携

健康を管理、ベストパフォーマンスを再現。

MOTHER Braceletで計測されている「歩数・睡眠・体表温・心拍数・消費カロリー」。 これらすべてのデータを"MOTHER App"で確認。 データを蓄積するほど、あなたの健康状態をより深く理解することができます。

生きた証が、エナジーに。

あなたのライフログがエナジーとして蓄積。
MOTHERの魅力は、ただ記録するだけでは終わらない。
生活の中で、チャージする喜びを味わうことができます。

あなたの健康は、大切な人の幸せ。

溜めたエナジーが、大切な人への贈り物に。
家族にギフトを贈ったり、未来の可能性を応援したり。
エナジーの使い道はあなたが実現したい未来です。

日々、データを計測、蓄積していくことでエナジーが貯まり、貯まったエナジーで贈り物ができたりします。

着けているだけなので簡単ですし嬉しいですね。

まとめ

何よりも気になるのが世界初と謳う、充電不要な温度差発電技術。本当に動き続けてくれるのでしょうか。

健康管理に特化したウェアラブル端末なので、最近運動不足など気になっている方、チェックしてみてください。

ではでは。

サイトはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

家電ウェアラブルデバイス,活動量計

Posted by doradora