【WPF】TextFieldParser で CSVファイルを読み込む

2018年7月12日C#, 開発

おはようございます。

今回は「TextFieldParser」で CSVファイルを読み込んで、
データを一括登録してみたいと思います。

プログラムは前回のものを流用。

スポンサーリンク

画面の変更

画面にCSV読込ボタンを追加します。

ボタン追加後
ボタン追加後

 

 

 

 

 

 

 

 

MainWindow.xaml

追加ライブラリ

参照の追加
参照の追加

 

 

Microsoft.VisualBasic.FileIO
Microsoft.VisualBasic.FileIO

参照の追加から「Microsoft.VisualBasic.FileIO」を追加します。

MainWindow.xaml.cs に次の記述を追加します。

MainWindow.xaml.cs

CSV読込処理の追加

更にCSV読み込みの処理を追加します。

MainWindow.xaml.cs

クリックイベント処理の追加

CSV読込ボタンをクリックした際のイベントを追加します。

MainWindow.xaml.cs

 

CSVの作成

読み込むCSVファイルを作成します。

 

CSVを読み込んでみる

データを数件削除した状態
データを数件削除した状態

 

 

 

 

 

 

 

 

データを削除した状態で、「CSV読込」ボタンをクリックします。

画像を撮り忘れましたが、
ファイル選択ダイアログが表示されるので、作成したCSVファイルを選択します。

データ追加完了
データ追加完了

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタン追加後
CSV読込後

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に未登録のデータが登録されました。

以外に簡単にできましたね。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年7月12日C#, 開発C#, CSV, CSV読み込み, TextFieldParser, WPF, プログラミング

Posted by doradora