【WPF】Oracleに接続してデータを DataGrid に表示してみる

2018年7月20日C#, 開発

おはようございます。

今回は、Oracle を使ってデータを検索、データグリッドに表示してみます。
お決まりですが、プログラムは前回までのものを流用します。

今までと同様、Entity Framework 、LINQ を利用してやってみようと思ったのですが、
ちょっと調べきれなかったのでひとまず DataTable を利用して
自力でマッピングするといった感じになってしまいました。

EFとLINQについてはそのうち時間がある時に。。

スポンサーリンク

参照の追加

参照の追加
参照の追加

パッケージ・エクスプローラーの「参照」を右クリックし、「参照の追加」を選択します。

参照マネージャー
参照マネージャー

参照マネージャー画面が表示されるので、「参照」ボタンをクリックします。

ファイル選択ダイアログ
ファイル選択ダイアログ

ファイル選択ダイアログが表示されるので、端末にインストールした「Oracle」から
Oracle.DataAccess.dll ファイルを指定します。

デフォルトであれば、下記のディレクトリにあります。
c:\oraclexe\app\oracle\product\11.2.0\server\odp.net\bin\4\

プログラムの修正

宣言の追加

MainWindow.xaml.cs

接続処理の変更

MainWindow.xaml.cs

初期表示時の処理を修正

MainWindow.xaml.cs

検索処理の修正

MainWindow.xaml.cs

コンバーターの修正

 

ひとまずこれで検索はできるようになるはずです。

起動してみる

起動後画面
起動後画面

検索ボタンをクリックします。

検索後画面
検索後画面

無事に検索してデータが表示されました。

まとめ

例によって、登録・更新・削除はまた次回ということで。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年7月20日C#, 開発C#, DataGrid, Oracle, WPF, データベース, プログラミング

Posted by doradora