【WPF】chm ヘルプファイルを表示する

C#, 開発

おはようございます。

昨日に引き続きWPFのネタ。
以前、Wordからchmファイルを作るソフトの紹介をしましたが、
それで作成したファイルをWPFで表示する方法を調べてみました。

Windowsフォームであれば専用のクラスがあるのですが、
WPF用のものは無いみたいなので、Windowsフォームのライブラリを利用して表示します。

プログラムは前回のものを流用します。

chmを作成するソフトについては次の記事を参考にしてください。

画面の修正

バインディングの追加

F1キーでヘルプファイルを開けるように画面にバインディングの記述を追加します。

MainWindow.xaml

 

スポンサーリンク

メニューの追加

PDF表示とは別に、ヘルプ表示用のメニューを追加します。

MainWindow.xaml

 

ライブラリの追加

参照の追加
参照の追加

ソリューション・エクスプローラーからプロジェクトの「参照」を右クリックし、「参照の追加」を選択します。

ライブラリの選択
ライブラリの選択

「System.Windows.Forms」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

chmファイルの追加

プロジェクト直下に作成した「chm」ファイルを追加します。

chmファイルの追加
chmファイルの追加

chmディレクトリに、作成したファイルをペーストします。

プログラムの修正

アセンブリからアプリケーション実行ディレクトリを取得するためのライブラリをインポートします。

MainWindow.xaml.cs

ヘルプ表示メソッドの追加

F1キー、メニューから呼び出すメソッドを追加します。

MainWindow.xaml.cs

 

イベントメソッドの追加

F1キー、ヘルプメニュークリック時のイベントメソッドを追加します。

起動してみる

ヘルプメニュー
ヘルプメニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルプメニューに追加した「ヘルプ表示」を選択します。

chmファイルの表示
chmファイルの表示

無事にヘルプファイルの表示ができました。

全然関係内容ですが。。

まとめ

アプリケーションのヘルプは、
PDFもいいですが、こういったヘルプファイルだとキーワード検索が簡単にできたり、
目次から目的のヘルプを探しやすいのでユーザーフレンドリーかもしれませんね。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ