【Python】bitflyer の API を使って約定一覧を取得してみる

2018年9月11日Python, 開発

おはようございます。

注文をする予定だったのですが、
その前に約定や建玉、注文の一覧が必要だろうということで、
今回は約定一覧を取得して表示してみます。

プログラムは前回のものを流用します。

スポンサーリンク

プロジェクトのリファクタリング

少しごちゃってきたので整理します。

BfTool
│ BfApi.py
│ BfTool.py(Sampl.py)
├─common
│ Constants.py
├─static
│ ├─css
│ │ style.css
│ └─js
│ script.js
└─templates
Main.html(index.html)

画面の修正

Main.html

style.css

プログラムの修正

定数クラスの作成

Constants.py

Pythonでは、名前付きタプル(namedtuple)というモジュールを使うことによって擬似的にクラスのような使い方ができるようです。

APIクラスの作成

Bitflyer の API を利用する処理を別クラスに抜き出して整理しました。

bitApi.py

リクエスト処理クラス

メインとなる、画面からのリクエストを受付け、処理をハンドリングするクラス

BfTool.py

画面処理スクリプト

script.js

 

起動してみる

起動後の画面
起動後の画面

結構すっきりしたんじゃないでしょうか。

まとめ

次回は注文の一覧を取得し、Tornadoのテンプレートで JSON形式のデータからうまいことテーブルに変換したいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ