Git のダウンロードからリモートリポジトリへのプッシュまで

開発

おはようございます。

いい加減、記事に書いたソースなんかを上げないといけないと思いまして、
Gitを使い始めることにしましたので、
インストールからリモートサーバーにプッシュするまでを備忘として残しておきます。

スポンサーリンク

ダウンロード

次のサイトにアクセスします。
https://git-scm.com/

ダウンロードページ
ダウンロードページ

「Downloads」 リンクをクリックします。

対象の選択
対象の選択

「Windows」を選択します。

環境の選択
環境の選択

環境に合わせて(今回は Windows 64bit)
インストーラーのダウンロードリンクをクリックします。

インストール

ダウンロードしたインストーラーを起動します。

 

セットアップウィザード
セットアップウィザード

が表示されるので、「Next」ボタンをクリックします。

 

インストール先指定画面
インストール先指定画面

が表示されるので、
特に必要がなければそのまま「Next」ボタンをクリックします。

コンポーネント選択画面
コンポーネント選択画面

コンポーネント選択画面が表示されるので、そのまま「Next」ボタンをクリックします。

 

スタートメニュー名の指定画面
スタートメニュー名の指定画面

が表示されるので、特に理由がなければそのまま「Next」ボタンをクリックします。

デフォルトのエディタ指定画面
デフォルトのエディタ指定画面

デフォルトのエディタ指定画面が表示されるので、特に理由がなければそのまま「Next」ボタンをクリックします。

パス環境の調整画面
パス環境の調整画面

パス環境の調整画面が表示されるので、「Windows … 」を選択して「Next」ボタンをクリックします。

Https転送のバックエンド選択画面
Https転送のバックエンド選択画面

Https転送のバックエンド選択画面が表示されるので、そのまま「Next」ボタンをクリックします。

行末変換設定画面
行末変換設定画面

行末変換設定画面が表示されるので、そのまま「Next」ボタンをクリックします。

ターミナル環境指定画面
ターミナル環境指定画面

ターミナル環境指定画面が表示されるので、「Windows…」を選択して「Next」ボタンをクリックします。

その他オプション画面
その他オプション画面

その他オプション画面が表示されるので、そのまま「Next」ボタンをクリックします。

インストール中
インストール中

インストール中。しばしおまちを。

 

インストール完了画面
インストール完了画面

が表示されるので「Finish」ボタンをクリックします。

初期設定

次のコマンドを実行してユーザー、メールアドレスを設定する

初期設定
初期設定

ローカルリポジトリ作成

リポジトリ用のディレクトリを作成し、次のコマンドを実行

リポジトリの初期化
リポジトリの初期化

コミットしてみる

サンプル用ファイル作成

Sampleディレクトリにディレクトリ、ファイルを追加

 

作成したファイルをディレクトリごとローカルリポジトリに追加

 

コミット

ローカルリポジトリへのコミット

 

リモートリポジトリへのコミット(プッシュ)

(予め GitHub にアカウント、リポジトリを作成してあります。)

 

GitHub にて確認

GitHub
GitHub

無事にサーバーにプッシュされました。

まとめ

まだ初歩中の初歩ですが、
これからいろいろと弄って覚えていこうと思います。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ