これがあればもう二日酔いに悩まされなくて済みそう「TISPY」

ガジェット

おはようございます。

お酒を飲める方であれば二日酔いになったことがないって方はあまり居ないんじゃないかと思います。特に割とお酒が強い方は飲めてしまう分、どこまで飲めば二日酔いになるのか、なかなか把握できないんじゃないでしょうか。

その日のコンディションなんかにもよりますしね。

そんな方にお勧めのものがありますので紹介します。

スポンサーリンク

TISPY

製品イメージ
製品イメージ

アスキーストアから販売されているアルコールガジェット。

公式より転載

アルコールセンサーとメモリーカードを組み合わせることによって、体内のアルコール濃度を測定・データを蓄積します。

使えば使うほど学習し、アナタにパーソナライズされます。

「今日はペースが速いよ」「そろそろ水を飲んだ方が良いよ」など、アナタに合ったアドバイスを教えてくれることで、アルコールのセルフケアが行えます。

翌日も見越したペースでお酒を楽しむ。アナタもそんな「デキる大人」の新習慣をはじめてみませんか?

お酒を飲んでいて、
実際に何杯飲んだのか数えている方はあまりいないんじゃないかと思いますし、
数えていたとしても多分途中で分からなくなったりしますよね。(飲んでいる時間にもよりますが)

そんな時TISPYに任せておけば飲みすぎてるかどうかを冷静に教えてくれます。

特長&機能

お酒の耐性を学習

メッセージ表示
メッセージ表示

お酒を飲む際、TISPYに息を吹きかけることで、呼気中アルコール濃度を測定しデータの蓄積を開始します。
翌日、「二日酔いになったかどうか」を入力することで、TISPYが自ら学習しアナタにパーソナライズされます。
次回、二日酔いになる前にお酒を抑制するお知らせを出したり、酔いがさめるまでの時間も予測してくれます。

本体中央には有機ELディスプレイが搭載されており、TISPYは情報を知らせる時だけ、さりげなく文字を浮き出させます。

データを蓄積する必要があるので、最初から最適なお知らせはできなそうですが、
とにかく普段から使うようにしていればそのうち必ず役に立つ時がきそうですね。

少し飲みすぎだと注意されたら、お酒ではなく水に切り替えたり、調整することができますし。

スマホと連携できる

スマホ連携
スマホ連携

Flash Air(無線LAN付のSDカード)をセットすると、スマートフォンと無線接続することができ、WEBアプリから詳細な情報を確認することができます。

酔い覚めタイマー

まあよく知られていることではありますが、
お酒が抜けるまでの時間って思っているより長い時間がかかるんですよね。

翌日車を運転する必要がある方なんかは特に注意が必要ですし、
酔いがさめるまでの時間を教えてくれると便利ですよね。

日本人のアルコール耐性

公式ページに興味深いデータがあったので載せておきます。

日本人のアルコール耐性
日本人のアルコール耐性

日本人はお酒が弱いんですねぇ。
私は恐らくND型じゃないかと思います。。。

まとめ

お酒を適度に飲む分には、普段話せないようなことが話せたり、
ちょっとしたストレス発散ができたり楽しいものなんですが(飲める人は)
飲みすぎた翌日に後悔なんてしたくないですし、こういったガジェットを利用して楽しいお酒を飲めると嬉しいですね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

アスキーストア販売ページ