Google AdSense で 「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります…」警告が出たので対応(wpXサーバー)

その他, ブログ運営

おはようございます。

基本的に毎朝AdSenseの管理画面を開いてチェックしているのですが、気付いたらいつの間にか
「要注意 – ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響がでないよう、この問題を今すぐ修正してください。」なる警告文が。

警告文
警告文

怖いわ。笑

ということで対応しました。

スポンサーリンク

ads.txtファイルとは

Google AdSenseヘルプより転載

認定デジタル販売者(ads.txt)(英語)は、IAB による、プログラマティック広告の透明性を向上させるイニシアチブです。

サイト運営者またはパブリッシャーは、自身の ads.txt ファイルを作成し、広告枠の販売を許可する販売者を明示することができます。

ads.txt ファイルは一般公開され、購入者や第三者ベンダー、エクスチェンジからクロールできるようになります。

うん。よくわかりませんね。

調べてみたところ、ads.txt(アズテキスト)は、IAB(インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー)という米国の広告業界団体が提唱している仕組みで、
簡単に言うと広告枠の偽造や不正なインプレッション(広告表示)の販売を防止するためのものです。

つまり、正確な情報が記載された ads.txt が配置されているサイトだと広告主が安心して枠を買うことができるということ。

全然、存在も知らなかったなぁ。まだまだ知らないことがいっぱりありそう。。

Google 曰く、「必須ではないが使用することをおすすめします。」とのこと。

その割には結構ドキッとする警告文を出してくるんですね。笑

ひとまず対応して様子を見てみようと思います。

ads.txtファイルの作成

カンマ区切り、文字コードはUTF-8で次の情報を記載したファイルを作成。

 

項目概要例(GoogleAdSense)
広告システムのドメイン利用している広告システムの正規ドメイン名google.com
広告システムから付与されているID利用している広告システムから発行されたパブリッシャーIDpub-0000000000000000
(GoogleAdSense管理画面のアカウント情報に記載されてます。)
アカウントタイプ利用している広告システムとの関係
DIRECT(直接)/RESELLER(委託)のどちらかを記載
大体個人でブログをやっている方であれば、DIRECTかと思います。
DIRECT
認証機関ID認証機関で広告システムを識別するIDf08c47fec0942fa0

ads.txt

サーバーにアップロード

wpXサーバーにファイルをアップロードする方法は次の記事を参考にしていただければ。

配置する場所はルート直下。

WinScp
WinScp

ドラッグアンドドロップや、上部メニューの「アップロード」でファイルをアップロードします。

確認する

ブラウザで、「サイトのルートURL/ads.txt」 にアクセスし、作成した「ads.txt」の内容が正しく表示されれば問題ありません。

ブラウザで直接表示
ブラウザで直接表示

あ、モザイクかけた意味ないわ。笑

あとは、24時間以上待ち、再度 Google AdSense の画面で警告が消えたかどうか確認するだけです。

まとめ

Googleも一応必須ではないと明言しているので、あくまで個人の判断で対応をしていただければ。

個人的に警告が出ているのが気持ち悪いのと、
知らないことだったのでやってみたかったということで対応した次第です。

何かのお役に立てれば。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ