Amazon から 新しいタイプのプラグイン式スマートスピーカーが登場「Amazon Echo Flex(エコーフレックス)」

Amazon, ガジェット

おはようございます。

Amazon が2019年9月26日に新しいスマートスピーカーを発表。

New モデル2製品と、新登場の2製品、計4製品が販売開始されました。

その中から個人的に気になった製品を紹介。

スポンサーリンク

Amazon Echo Flex(エコーフレックス)

製品イメージ
製品イメージ

販売ページより転載

Echo Flexって何?

プラグイン式スマートスピーカーのEcho Flexは、電源コンセントに差し込むだけ。

即座に情報を得る、買いたいものをショッピングカートに追加する、天気を確認する、ハンズフリーで通話をする、スマート家電を操作するなど、音声を使って様々なことができます。

※Wi-Fi環境が必要です。また、初回起動時には設定が必要です。

Amazon Echo シリーズでは最安値となる 2,980円での販売となります。

見た目から想像に難くないですが、スピーカーとしての音質などはあまり期待しない方がよさそうです。

特長

※枠内は販売ページより転載

様々な場所を少し便利に

様々な場所に
様々な場所に

玄関や廊下、部屋の隅まで、Alexaがあなたの暮らしを少し楽しく、便利になるようお手伝いします。

話しかけるだけでタイマーをセットしたり、日課のリマインダーをセットしたり、ニュースや天気、鉄道運行状況を確認したりできます。スポーツのスコア、映画の上映時間、レストランの営業時間なども聞いてみましょう。

広めのお宅に住んでいる方で、既にAmazon Echo シリーズを所有しているのであれば、呼びかけ機能やアナウンス機能など複数の端末間での連携で活躍してくれそうです。

また、玄関先に設置しておき、出かける際に全ての電気を一括で消したりなんてこともいいですね。

我が家はそこまで広くないですが、
玄関から Echo に呼びかけるには少し大きな声を出さなくてはならないのが地味に嫌なんですよね。

USB-Aポート内蔵

プラグイン
プラグイン

柔軟(フレックス)と名付けられたEcho Flex

内蔵されたUSB-Aポートは、スマートフォンの充電の他に、ナイトライトやモーションセンサーなどのアクセサリ(別売)を接続することができます。

別売りのモジュールを装着することで機能拡張することができます。

今後色々と便利なモジュールが出てきたら面白そうですね。

安心プライバシー保護

プライバシー保護の取り組み
プライバシー保護の取り組み

Amazonは、何重ものプライバシー保護対策を用いてAlexaおよびEchoシリーズ端末を設計しています。

例えば、マイクの電源を切るためのマイクオフボタンをご用意しています。お客様ご自身で、お客様の録音された音声を管理することができます。

いつでも音声録音を視聴して確認し、また削除することができます。詳しくは、こちらをご覧ください。

Amazonだけでなく、各社で会話の内容が第3者に聞かれているなんて問題がありましたが、段々とプライバシーの問題に配慮されるようになってきましたね。

まとめ

特に、既にシリーズを所有していて、内線やアナウンス機能のために買い増しを考えている方は、
スピーカーに音質等を求めないのであれば低価格な Echo Flex がオススメですね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ