簡単に取り付け可能で、カーテンの開閉をスマートにしてくれる「SwitchBotカーテン」

ガジェット

おはようございます。

結構前ですが、以前紹介した物理ボタンをスマート化してくれる「Switch Bot」から、カーテンをスマート化してくれる製品が登場しましたので紹介。

連日のクラファンネタで申し訳ない。

スポンサーリンク

SwitchBotカーテン

製品イメージ
製品イメージ

クラウドファンディングサイトの makuake にて2020年06月17日まで支援を募集中の製品。

プロジェクトページより転載

朝は日差しと共に自動的にカーテン・オープン。夜は就寝前でもボタン一つで自動クローズ。
来客やお仕事で忙しくしても「アレクサ、カーテンを閉めて」の一言で自動開閉*。
そんな夢のような賢いカーテンロボットがあったら…!

「SwitchBotカーテン」は、今あるカーテンレールにワンタッチで取り付けるだけで、既存のカーテンを簡単にスマートにアップグレードしてくれる、SwitchBotシリーズの集大成作です。
(*音声操作には、スマートスピーカーとの連携が必要です。)

ほんとにちょっとしたことなんですけど、カーテンも自動で開閉してくれるようになると、今まで以上におうちタイムのQOLが上がる気がしますね。

特長

※枠内はプロジェクトページより転載

簡単取り付け

簡単取り付け
簡単取り付け

誰でもワンタッチで、その場でスマートカーテンに進化できます。工事が苦手な方でも手軽に導入でき、簡単で快適なスマートライフを楽しめます。

買い替え工事、お値段、操作方法がよくわからない、スマートホームは自分には遠い存在…これまでスマート化に戸惑うハードルを、すべてクリアします!

カーテンレールに取り付けるだけで所要時間はわずか30秒!賃貸物件でも穴やテープ跡など残ることなく気軽に導入!引っ越ししても、末長く使えます。

誰にでも取り付けられます。間違いなく。

スマホで操作可能

スマホ操作可能
スマホ操作可能

スマホで簡単操作可能。急な外出で閉め忘れが心配な時にも、SwitchBotアプリから何時でも開閉状態をご確認できます。

(*ご家庭ではスマホのBluetooth機能、外出先ではハブミニと連携できるネット環境が必要です。)

就寝前のぐったりタイム、カーテンの開け閉めで本当に起きたくない時だってあります。寝る前スマホを手放すと同時に、ワンタップで簡単オフ。

布団に入ってから、カーテン閉めてなかった。ってなることもありますよね。

そんな時も SwitchBotカーテンを取り付けておけば手元のスマホで簡単に占めることが出来ますね。

タイマーで開閉可能

タイマー操作可能
タイマー操作可能

目覚まし時計より、目覚ましカーテン。5分刻みのスヌーズではなく、決まった時間に日差しと共に気持ちよく目覚め、夜はぐっすりと眠りに入り、一日をSwitchBotカーテンとともにリズムよく過ごせます。

また、夕方のライトアップで一番室内が見られやすい時間帯にカーテンの自動閉めを設定すると、プライバシーを守ることもできます。

自動開閉可能

日差しを感知
日差しを感知

日差しを感知して自動的に開閉することができます。

スッキリした朝を迎えたい!のどかな太陽の光を浴びながら目覚めると、ぐんと素敵な毎日が待っているはず!SwitchBotカーテンは光センサーを内蔵しており、健康でスマートなライフスタイルをお手伝いします。

スマートスピーカー連携

SwitchBotハブミニと併用すると、スマートスピーカーの音声操作でSwitchBotカーテンを操作することも可能です。
Amazon Alexa、Google Assitant、 Apple Siriに対応可能です(※LINE Clovaも追加予定)。お忙しい朝でもスマートに効率よく。

まとめ

新型コロナの影響で、今後もしかしたらテレワークをする機会が増えていくかもしれません。

そうなったときに長く居ることになる家での生活を便利に楽しくしていくのも、大切になっていきますよね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

プロジェクトページはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ