徐々に早起きできるようになるアラームアプリ「HAYAOKI」

Android,アプリ


Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/doraxdora/doraxdora.com/) in /home/doraxdora/doraxdora.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 433

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/doraxdora/doraxdora.com/) in /home/doraxdora/doraxdora.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 459

おはようございます。

毎年正月は母方の実家に行きおせち料理を頂いていたのですが、

ここ2年はコロナの影響で行けず、なんだか正月という感じがしません。

いい加減、今年でどうにか終息してほしいですね。

本題ですが、

早起きが苦手な人におすすめなアプリを紹介。

スポンサーリンク

HAYAOKI

アプリイメージ
アプリイメージ

P.G.トーシロー さんが開発した無料のアラームアプリ。

アプリページより転載

HAYAOKIはゆっくり確実に早起きを目指せるアラームアプリです。

現状の起床時間と理想の起床時間を設定すると、現状から理想へと毎日10秒づつアラームが鳴る時間が早くなることで無理せず早起きが身に付きます。

30分早起きすると辛く継続しませんが、10秒の違いは感じず継続できます!

他のアラームアプリと違って「寝る」ではなく「起きる」に着目したアラームアプリです。

私はスマウォのアラームで、バイブレーションだけで起きられるので正直必要のないアプリなのですが、

今までのアラームと違い徐々に体を慣らしていくという点が、なるほどなぁって思いました。

特長

アプリイメージ
アプリイメージ

※枠内はアプリページより転載

毎日10秒ずつ早起きすることで、無理せず早起きを目指せる

急に30分早起きすると間違いなく続かず、1日で終わってしまいます。

「HAYAOKI」では毎日10秒づつアラームが鳴る時間が早くなることで、自然と無理せず早起きが身に付きます。

毎日10秒ずつ早起きを180日続ければ、自然と30分早起きできるようになります。

早起きするコツは慣れです!

なかなか早起き、というか朝起きられないという人にぴったりですね。

これまで早起きできた総時間が確認できる

何事も継続させるためには毎日成果を実感することが大切です。

「HAYAOKI」ではこれまでどれくらい早起きできたか総時間が確認できます。

総時間の合計が1時間、1日、1ヶ月、1年と増えれば増えるほど、早起きできた達成感を得ることができます。

早起きを継続するためのモチベーションを維持するのに便利な機能もついています。

早起きに特化したアラームアプリ

無駄な機能を一切搭載せず、早起き専用のアラームに特化させました。

「HAYAOKI」には他のアラームアプリにはあるスヌーズ機能がありません。

スヌーズ機能は寝過ごしても大丈夫という機能なので早起きを邪魔してしまいます。

他のアラームアプリでは便利機能ですが、アラームアプリ「HAYAOKI」では邪魔な機能です。

そのような早起きに邪魔な機能はアラームアプリ「HAYAOKI」では実装していません。

スヌーズ機能、よく考えればとても無駄な機能ですよね。

たしかにどうしても起きなければいけない時に複数のアラームを設定しておきたいという保険的な考えもわかりますが、

毎日スヌーズ設定してしまうと、それに慣れて1回目のアラームで絶対に起きません。

まとめ

HAYAOKIを利用すれば、ゆっくりと確実に目標の時間に起きられる習慣が作れます。

早起きをすれば朝の時間に余裕が出来て、今まで時間がなくて出来なかったことに挑戦したり、健康のために運動したりと

色々できますね。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

Android,アプリAndroid,アプリ,アラームアプリ

Posted by doradora