究極のたまごかけご飯を食らえ!タカラトミー「究極のTKG」

ガジェット

おはようございます。

日本人であれば
ほとんどの人が愛して止まない(だろう)たまごかけご飯。
皆さんもお好きですよね?

残念ながら外国の方には、
卵を生で食べるなんてクレイジーだぜっ!て言う方もいるようですが
もはや日本のソウルフードといっても過言ではないはず。

私も色々とアレンジしたりしながら毎朝のように食べていますし、
なんなら会社でもたまごかけご飯が食べたいです。

そんな、たまごかけごはんに熱く情熱を燃やしたタカラトミーが、
2017年10月に「究極のTKG」という製品を発売すると発表しました。

究極のTKG

究極のTKGスペシャルサイト

そもそも究極のたまごかけごはんというのは、2年程前にネットで話題になったもので、
たまごの黄身と白身を分けて先に白身だけをご飯にかけて
全力で混ぜ合わせることによってご飯がふわふわになるといった食べ方。

このレシピ自体は、
当時話題になったので知ってる方もいるかと思います。

ただ、白身と黄身を分けるのが意外と手間だったりするので
なかなか私の中では定着しませんでした。

しかしながら、
タカラトミーが作ってしまった「究極のTKG」があれば、
簡単に、誰にでも究極のたまごかけごはんが作れるというわけです。

Youtube に動画が公開されていますので、まずはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

使い方

特設サイトより引用

  1. 生卵のセット
    ストッパーをロックして、生卵をエッグホルダーにセット
  2. 生卵を割る
    チョップボタンを軽く叩きヒビを入れ、ストッパーを外してホルダーボタンを押すと生卵が黄身トレイに落下。(黄身と白身が分離されます)
  3. 白身の攪拌
    ホイップスイッチを押して白身を攪拌!攪拌時間により食感が変化!
  4. 盛り付け
    お椀に盛りつけたご飯に白身をかけ、最後に黄身をのせます。

3大機能

特設サイトより転載

  1. 卵割り機能
    ストッパーをロックして、生卵をエッグホルダーにセット、チョップボタンを軽く叩くとヒビを入れ、ストッパーを外してホルダーボタンを押すと手を汚すことなく卵を割ることができます。
  2. 白身分離機能
    黄身トレイはくぼみに黄身のみを残し、白身は白身トレイに分離されます。
  3. 高速攪拌機能
    ホイップスイッチを押すと、電動で白身を攪拌します。この工程により、今までにはない「究極のTKG」ならではの、ふわとろ食感を生み出します。

アレンジ無限大

もちろん
普通のたまごかけごはんと同じように、色々なアレンジをすることができます。
公式では「なめ茸&しらすTKG」、「とびっこ&きざみのりTKG」が紹介されていました。

T.K.G.プロジェクト から「365日たまごかけごはんの本」というものも出ていますので
参考にしながら色々試してみるのも楽しいかもしれませんね。

[amazonjs asin=”4990378806″ locale=”JP” title=”365日たまごかけごはんの本”]

まとめ

一応、好みもあるかと思うので
ひとまずは自分で「究極のTKG」を作ってみていただければいいかと思います。

ではでは。

 

[amazonjs asin=”B075439Q9V” locale=”JP” title=”究極のTKG (たまごかけごはん)”]

究極のTKG( たまごかけごはん )タカラトミーアーツ

価格:3,780円
(2017/9/6 17:28時点)
感想(0件)

スポンサーリンク


関連するコンテンツ