【WPF】カスタム動作を利用してアンインストール時にタスクを削除する

2018年7月20日C#, 開発

おはようございます。

昨日に引き続きですが、
アプリでタスク登録した場合はアンインストール時に削除しないと
存在しないバッチなんかを永遠に実行することになりかねないですよね。

ということで、
アプリをアンインストールした際にタスクを削除してみます。

一応、前回の記事はこちら。

スポンサーリンク

削除用スクリプトの作成

下記、2つのファイルをプロジェクトのフォルダに配置します。

(カスタム動作からバッチファイルを直接呼び出すことができないため、
バッチを呼び出すVBScriptも作成します。)

taskDel.bat

taskDel.vbs

バッチ、スクリプトの追加
バッチ、スクリプトの追加

セットアッププロジェクトの設定

バッチ、スクリプトの配置

ファイルシステムを表示
ファイルシステムを表示

パッケージ・エクスプローラーからセットアッププロジェクトを右クリックし、
「View」>「ファイル システム」を選択します。

ファイル選択
ファイル選択

「Application Folder」を右クリックし、「Add」>「ファイル」を選択します。

バッチ、スクリプトの選択
バッチ、スクリプトの選択

プロジェクトに追加した、「taskDel.bat」、「taskDel.vbs」を選択して「開く」ボタンをクリックします。

 

カスタム動作の設定

カスタム動作の表示
カスタム動作の表示

パッケージ・エクスプローラーからセットアッププロジェクトを右クリックし、
「View」>「カスタム動作」を選択します。

カスタム動作の追加
カスタム動作の追加

「Uninstall」を右クリックし、「カスタム動作の追加」を選択します。

スクリプトを選択
スクリプトを選択

項目選択ダイアログが表示されるので
「Application Folder」から、「taskDel.vbs」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

プロパティ
プロパティ

追加した「taskDel.vbs」のプロパティを開き、
「CustomActionData」に、「 [TARGETDIR] 」を入力します。

 

以上でカスタム動作の設定は完了です。

カスタム動作の種類

種類説明
Install(インストール)全てのファイルがインストールされた後に実行されます。
Commit(確定)インストールが問題なく終了した後に実行されます。
Rollback(ロールバック)インストール中にエラーが発生し、ロールバックされた後に実行されます。
Uninstall(アンインストール)アンインストールされた後に実行されます。

 

インストール

セットアッププロジェクトをビルドし、
作成されたモジュールからアプリケーションをインストールし、一度起動します。
(タスク登録処理が実行される)

 

アンインストール

アンインストール
アンインストール

「コントロールパネル」>「すべてのコントロールパネル項目」>「プログラムと機能」を開き、
インストールされている「WpfApp1」を右クリックし、「アンインストール」を選択します。

確認ダイアログ
確認ダイアログ

アンインストール確認ダイアログが表示される場合は「OK」ボタンをクリックします。

アンインストールが完了したら、
タスクスケジューラを起動してタスクの確認をします。

タスクスケジューラ―
タスクスケジューラ―

無事にタスクが削除されていることが確認できました。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ