NTTドコモがフードロス削減の実証実験を開始「EcoBuy」

Android, iOS, アプリ

おはようございます。

このブログでも過去にフードロスを削減するサービスについて紹介しましたが、
今回はNTTドコモがひとまず実証実験を行うということなので調べてみました。

大手の会社が率先してこういった仕組みづくりをしてくれると一気に加速しそうですね。

EcoBuy

食品ロスについて
食品ロスについて

東京都環境局資源循環推進部計画課が公募していた「持続可能な資源利用に向けたモデル事業」の一環として、2018年1月19日(金)~2018年3月15日(木)まで、miniピアゴ入船1丁目店で実証実験を開始するようです。

公式より転載

「EcoBuy」とは、期限間近の食品を購入いただき、EcoBuyアプリを通じてレシートと期限を撮影、ポイント還元申請していただくことによってポイントがたまる期間限定、地域限定のお得なサービスです。またポイント還元申請していただくと、期限間近となった食品を通知でお知らせします。なお、ポイントを受け取るにはdポイントカード番号、もしくはEdy番号のどちらかが必要となります。

賞味、消費期限が近い食品を購入、レシートを撮影してアップロードすると、dポイントまたはEdyポイントが貯まるという仕組みですね。
ポイントサイトなんかではよくありますが、そこに賞味・消費期限がプラスされた感じです。

実際にサービスが提供されるようになった場合、docomoはどこから利益を得るのか気になりますが、是非全国展開していただけるといいですね。

全然関係ないですが、たまにテレビで「あとでスタッフがおいしくいただきました」ってやつ、物によっては食べてないですよね。多分。

スポンサーリンク

EcoBuyへの参加方法

期間、店舗限定なので参加できる方は大分限られているかと思いますが、
自宅や職場が近い方は是非。

実際に参加される方は店舗にあるチラシにアプリのインストール方法等が記述されているようですので、店舗にてインストールしていただければ。

AppStore の仕様が変わったのか、PCから iOSアプリが見つけられませんでした。

EcoBuy(Unreleased)
EcoBuy(Unreleased)
Developer: NTT DOCOMO
Price: Free

申請までの手順

申請メニュー
申請メニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューから「ポイント申請」を選択します。

レシート撮影
レシート撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体が写るように、レシートを撮影します。
レシートが長い場合は「長いレシート」オプションを選択して撮影します。

商品の選択
商品の選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読み取った商品を選択します。

賞味、消費期限の撮影
賞味、消費期限の撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきりと写るように対象商品の賞味期限または消費期限を撮影します。

申請する
申請する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての登録が完了したら、申請ボタンをタップしてデータをアップロードします。

 

まとめ

普段はなかなか難しいかもしれませんが、
予め大量に食品や食材を使うことがわかっていれば賞味期限が短くても、すぐに消費できる困らないですよね。

私なんかは1人暮らしなので、こういった仕組みのサービスを利用するのは難しいかもしれませんが(食品ロスしないようにできるだけ賞味期限が長いものを買ってます)、たまに家で飲み会をやるのでそういった時はいいかもしれないです。

興味のある方はチェックしてみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ