これからは耳を塞がないイヤホンの時代!SONY「Xperia Ear Duo」

2018年9月13日イヤホン, ガジェット

おはようございます。

つい先日、耳を塞がないワイヤレスイヤホンの記事を書いたばかりですが、
Sony Mobile Communications からも類似製品が発表されたので、もちろん調べてみました。

耳を塞がない流れがきているんでしょうか。。

スポンサーリンク

Xperia Ear Duo

製品イメージ
製品イメージ

公式サイトより転載

周囲の音と再生している音楽がブレンドされる革新的なリスニングスタイル「デュアルリスニング」を実現した、完全ケーブルレススタイルのスマートプロダクト。
スマート機能の搭載により、音声やヘッドジェスチャーで、通話の発着信やLINEメッセージの送受信、音楽再生操作など、先進的なハンズフリーでの様々な操作ができます。

もちろんワイヤレスで、面白いのがヘッドジェスチャー機能が付いているところですね。
首を振ったり、頷いたりすることで電話を受けたり、音楽再生を操作したりできるようです。

見た目もスタイリッシュで違和感もあまりありませんね。

何よりも AI アシスタントを身に付けることがで、きるので色々と面白いことが出来る可能性を秘めていますね。

動画も公開されています。

特長

※枠内は公式より転載

デュアルリスニング

デュアルリスニング
デュアルリスニング

自然な外音を聴きながら、自分だけのBGMを楽しむことができる、革新的音楽体験。
通勤・移動時にアナウンスを聞きながら、仕事中に同僚と会話しながら、アクティビティ時に外音も楽しみながら、様々なシーンで自分だけのBGMを楽しむことができます。

あとはやっぱり音漏れがどんな程度なのかが気になりますね。。

音響技術

ソニーオーディオ部門監修のClear Phase™による高音質技術を採用。オープンな構造ながら高音質を担保し、より自然でクリアな音質を再現することができます。
また、アダプティブボリュームコントロールによって周囲の環境に合わせて自動音量調節。様々な環境でも快適な音量で楽しむことができます。

以前紹介した ambie も ソニーの音響技術を利用しているのですが、
こちらは本家ということになりますかね。

スタイル・デザイン

フィットデザイン
フィットデザイン

人間工学に基づいたデザインで、より快適なフィット感を実現しました。

珍しい下掛けデザインで、耳の上側が痛くなりにくそうですね。
また、眼鏡をかけていても邪魔にならずに使用できるようになっているそうです。

スマート機能

歩行中や電車内などのスマートフォンの確認が難しいシーンでも、音声またはヘッドジェスチャーによるハンズフリーの直感的な操作により、接続したスマートフォンの通話の発信、メッセージ送信や音楽再生などが可能です。
また、ソニーモバイル独自開発のボイスアシスタント Assistant for Xperiaが生活をサポートします。

ボイスコマンドやLINEメッセージの音声送信などが可能です。
ボイスコマンドはスマートスピーカーと同じように、音声「ラジオをかけて」によってラジオを再生したりできるようです。

タッチパッド

タッチパッド
タッチパッド

タッチパッドを利用することで、スマホに触らずに操作することができます。

スマートフォンアプリでアクションの設定が行えるようになっています。

まとめ

値段は定価で 29,880 円+税 となっていて、
ambie と比べると値段は2倍以上と高くなりますがその分高機能ですね。

他にもいろいろな機能が搭載されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ