溜まっていく名刺はLINEで電子化しちゃおう「myBridge(マイブリッジ)」

2018年10月12日Android, iOS, アプリ, サービス

おはようございます。

名刺管理、どうしてますか?

以前もお伝えした通り、私は営業職ではないのでそこまで名刺の管理に困っていないのですが、
会社で管理ツールを導入することによるメリットなんてのは結構あるみたいですね。

既にいくつもの名刺管理ツールが存在していますが、
もはや日本人の半分以上が利用している(かもしれない)LINEから名刺管理アプリが出たので調べてみました。

スポンサーリンク

myBridge

サイトトップイメージ
サイトトップイメージ

専用のアプリから名刺を写真で撮影するだけで、半自動(OCR+オペレーターによる手動作業あり)で名刺をデータ化できるアプリ。

Android、iOSに対応しています。

更に便利なのが、LINEのインフラを利用できる点ですかね。

特長

すべての名刺管理機能が無料

1日に登録できる名刺の枚数に上限はありません。
他の名刺管理機能もすべて無料です。

最近の事情はわかりませんが、
昔いくつか使ったことがあるOCR機能が付いたデータ化アプリは、そのほとんどが枚数上限があったような気がします。
手作業が入るのに無料なんてすごいですね。収益はやっぱり広告からでしょうか。

名刺をスマホのカメラで撮るだけで、正確にデータ化

自分で名刺情報を入力する必要はもうありません。
文字認識と人の手によって正確にデータ化します。
名前・会社・部署・役職など、キーワードでかんたんに検索できます。

データ化するメリットはやっぱり検索のしやすさだったり、
会社に置きっぱなしの膨大な名刺を、いつでもどこからでもアクセス可能にできる点ですね。
あまりにも膨大な量であれば最初ちょっと時間がかかりますが、その恩恵は確かなものだと思います。

スマホでの着信時に、発信者の名刺情報を表示

myBridgeに名刺を登録していれば、スマホに連絡先を登録していない相手でも着信時に相手の名刺情報が表示されます。

名刺に社用携帯の番号が入っていたり、フリーランスの方であれば名刺交換後、
番号登録前に電話がかかってくる可能性はあるのかもしれませんね。

まあ、社用携帯であれば、相手が誰かわからなくてもとりあえず出るでしょうけど。

他の連絡帳サービスとの連携、一括ダウンロードでもっと便利に

登録した名刺情報をスマホやGoogleの連絡帳に保存したり、Excelファイルで一括ダウンロードしたりできます。

日本人は Excel から離れられないんですかねぇ。
個人的にはもう Google 一本でもいいんですけど。

暗号化された個人情報とセキュリティ対策

手入力時には、「誰がアップロードしたのか」は分からない状態で、かつ、
名刺情報も項目を分割し「どの会社の誰の名刺か」が分からない状態で入力作業を行っています。
また、データを暗号化された状態で保存するなどのセキュリティ対策を実施しています。

一番ネックとなるのは個人情報の扱いですからね。
(あくまで)個人的には資本数千万の企業が提供する管理アプリよりはLINEの方が信用できるんじゃないかと思うのですが、人によってはLINEはアウトって方もいるかもしれません。

その他の便利な機能

• LINEやメールでかんたんに名刺を共有できます
• いつでも最新の名刺情報にアップデートされます
• パソコンでも利用できます

まとめ

なんなら、
もう最初から電子名刺でいいんじゃないか。とも思い始めましたがどうでしょうか。
○○会社の××です。よろしくお願いします。とか言いながらスマホでフルフルしあえばいいじゃない。笑

気になった方はチェックして上長に相談してみてください。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年10月12日Android, iOS, アプリ, サービスAndroid, iOS, LINE, myBridge, アプリ, 名刺管理

Posted by doradora