Visual Studio 2019 Community のインストールから Hello World

C#, ソフトウェア, 開発

おはようございます。

いつの間にか Visual Studio 2019 がリリースされていたので、
例によって無償版をインストールして、とりあえず Hello World でもやってみます。

メモリ使用量が大分減ったみたいで、起動速度や動作速度が改善されているとのこと。

他にも便利な機能が色々追加されていますが、
それについては最後に参考サイトの紹介をさせていただいて、この記事内では言及いたしません。

スポンサーリンク

ダウンロード

下記よりダウンロードします。

Visual Studio のダウンロードサイト

ダウンロードサイト
ダウンロードサイト

無料ダウンロードボタンをクリックして、ファイルを保存します。

インストール

ダウンロードした「vs_community__….exe」を管理者として実行します。

ライセンス条項同意画面
ライセンス条項同意画面

ライセンス条項同意画面が表示されるので、内容を確認したうえで「続行」ボタンをクリックします。

ダウンロード中
ダウンロード中

ダウンロード中。しばらくお待ちください。

コンポーネント選択画面
コンポーネント選択画面

コンポーネント選択画面が表示されるので、必要なものを選択して「インストール」ボタンをクリックします。

今回 Windowsフォームで画面を作成するので、「.NET デスクトップ開発」は必須となります。

インストール中
インストール中

インストール中。しばらくお待ちください。
当たり前ですが選択したコンポーネントが多いほど、時間がかかります。

VisualStudio2019の起動

インストールが完了したら、VisualStudio2019 を起動します。

起動後の画面
起動後の画面

初期表示画面にて、「新しいプロジェクトの作成」を選択します。

テンプレート選択画面
テンプレート選択画面

テンプレートの選択画面が表示されるので、フィルタリングなどを利用しつつ「Windows フォームアプリケーション」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

プロジェクト構成画面
プロジェクト構成画面

プロジェクト構成画面が表示されるので、プロジェクト名を入力して「作成」ボタンをクリックします。

ビジュアルエディタ
ビジュアルエディタ

エディタが表示されるので、サイドメニューの「ツールボックス」から「Label」をフォームにドラッグアンドドロップで配置します。

また、配置したラベルの「Text」プロパティを「Hello World!」に変更します。

プロジェクトの起動

プロジェクトの起動
プロジェクトの起動

上部にある「開始」ボタンをクリックしてプロジェクトをビルド、起動します。

画面
画面

無事に画面が表示されました。

まとめ

ひとまずサクッと、Visual Studio 2019 無償版のインストールから、Windowsフォームのサンプルアプリケーション起動までをやってみました。

Visual Studio 2019 の新機能については次のサイトなんかを参考にしていただければ。

Publickey 様記事

かずきのBlog 様記事

4月になりこれからプログラムの仕事を始める方もいるかと思いますし、
気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ