飲食店の紙メニューを電子化してくれるサービス「Smart Menu」が今夏リリース予定!

Android, iOS, アプリ, サービス

おはようございます。

以前紹介したグルメコミュニティサイト(アプリ)の「SARAH」から、

飲食店向けの便利なサービスが登場するようなので紹介します。

そのうち飲食店で見かけることも出てきそうですよ。

スポンサーリンク

Smart Menu(スマートメニュー)

サービスイメージ
サービスイメージ

プレスリリースより転載

新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに客足が遠のき、全国規模で経営難に陥る飲食店が増加しています。

先日緊急宣言が解禁され、休業していた飲食店も徐々に営業再開はしているものの、除菌の徹底や、お客さん同士の間隔を開けるなど、感染防止の工夫が求められています。

そんな中で店舗に設置している、紙メニューが新たな感染源になる可能性が示唆されています。

「Smart Menu」は従来の紙メニューを電子メニュー化することで、飲食店内でホールスタッフとお客さんの接触頻度を下げるだけでなく、来店したお客個人のスマートフォンで閲覧するため、紙メニュー使いまわさず、新型コロナウイルスの感染防止につなげることができます。

まだまだ飲食店は大変な状況が続いているかと思いますが、今後はこういったサービスも利用しながら感染対策をしっかりしているアピールをすることでお客さんも安心して来店できるようになりますよね。

私がよく行っていた居酒屋さんも、先日ついに営業を再開したみたいで、SNSで店内の様子を撮影した写真を拝見したところ、カウンターに例のビニールカーテンがされていてちょっと驚きました。

特長

紙メニューの管理が不要に

紙メニューを電子化することで、紙の劣化や汚れ、席への設置などちょっとした手間がなくなります。

またメニューの更新も、今までより格段にしやすくなるんじゃないでしょうか。

お店によっては紙メニューも工夫して面白いものやお店にマッチしたものを用意しているところもありますが、

いち利用者としてはあまりに個性的で読みにくいメニューを渡されるより、電子メニューで見やすく分かりやすくしてもらったほうが嬉しいです。

顧客データを活用できる(予定)

来店したお客さんのデータを飲食店側で管理することができるようになります。

顧客毎の好みだったり来店頻度だったりを分析したり、顧客毎に最適化されたお勧めをして客単価を向上したりといったことが可能になります。

また、しばらく訪れていない顧客に対して再来店を促すことが出来たりもします。

まとめ

別のサービスではありますが、私も電子メニューサービスを利用しているお店に行ったことがあります。

そのサービスでは、そのままスマホで注文、決済まで可能だったのですごい便利でしたが、Smart Menu も出来たばかりのサービスなので、今後そういった機能も搭載されていくといいなと思いました。

とはいえ、簡単にお店のメニューを電子化できるので、まだ紙メニューを使っているお店の方は試してみてはどうでしょう。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

飲食店申込フォーム

スポンサーリンク


関連するコンテンツ