探し物トラッカー「Tile」の機能を備えたワイヤレスイヤホンが登場「GLIDiC Sound Air TW-7100 / TW-5100」

イヤホン,ガジェット

おはようございます。

10月始まりましたね。

これで今年も残すところ3カ月。悔いのないように日々過ごしたいと思います。

今日は国内メーカーでは初の「音で探せる」完全ワイヤレスイヤホンを紹介。

スポンサーリンク

GLIDiC Sound Air TW-7100 / TW-5100

2020年10月23日より発売予定の完全ワイヤレスイヤホン。お値段は 14,900円(税込)となっています。

製品イメージ
製品イメージ

プレスリリースより転載

この最新モデルでは、充電の負担を軽減するバッテリー性能の向上、IPX4の防水性能、外音取り込み時の音質の改善に加え、Tileの追跡機能を組み込むことで、どこかに置き忘れても、ユーザーに「音」や「地図上」でその場所を知らせる、画期的な機能が加わりました。
Tile機能は、左・右それぞれのイヤホンに入っているため、片方だけでも追跡可能です。更に、自分のTileを全世界のユーザーが探してくれる「Tileコミュニティー」を使えば、携帯端末とBluetooth®圏外で音が鳴らせない場合でも、イヤホン内のTile機能が発信している電波を、Tileアプリを起動している他のユーザーが検知。その位置情報を、アプリが知らせてくれます。(※匿名で所有者のTileの位置情報が更新されます。)また、他のTile製品と同様、サブスクリプションサービス「Tile Premium」への加入が可能です。加入すると「スマートアラート」や「30日間のロケーション履歴」の追加サービスが利用できるようになります。

※Tile Premiumの詳細はこちら https://thetileapp.jp/premium/

ワイヤレスイヤホン程小型の製品に Tile を組み込むことができるとなると、今後の展望も広がりますね。

私自身はワイヤレスイヤホンを失くしたことがありませんが、

小型故に、おそらくまあまあの人が経験をしたことがあるのかと思います。

片方だけ失くしたりしたら、結構ショックですよね。

特長

※枠内は公式より転載

快適なフィット感を追求した独自のイヤホン形状を採用

フィットする形状
フィットする形状

プロフェッショナルに愛されるカスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修による、独自のイヤホン形状。
耳の形や好みによって使い分けのできるオリジナルのイヤーピースを2種類同梱。

 

周囲の音を取り込む、外音取り込み機能搭載

周囲の音が聴こえる
周囲の音が聴こえる

より自然に周囲の音を取り込む外音取り込み機能
(Multi-communication Mode)。
イヤホンを外す煩わしさから解放。

 

急速充電にも対応

急速充電
急速充電

10分間の充電で、約3時間再生可能な
「Fast Charge(急速充電)」を実現。

 

生活防水対応(防水規格IPX4対応)

生活防水仕様
生活防水仕様

雨や水に強い生活防水。
IPX4の防水性能で、天候の変化や水しぶきも気にせずに楽しむ。

失くしても安心のトラッキング機能

Tileでトラッキング
Tileでトラッキング

スマホでイヤホンを探す「Tile」機能を搭載。
スマホアプリでイヤホンの音を鳴らしたり、
最後にBluetooth®接続した場所を
アプリ上の地図でお知らせ。

※専用アプリ「Tile」のインストールが必要です。

まとめ

ワイヤレスイヤホン程のサイズだと、別途 Tile などのスマートタグを付けることもできなないです。

ならば機能自体を組み込んでしまえというアイデアですね。

ピンキリではありますが、イヤホンも決して安いものではないので、失くさないように、失くしてしまっても困らないような工夫が必要だと思いました。

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ