恋人や家族、友人とセルフ・パートナーケアができるアプリ「caroa me(カロアミー)」

サービス

おはようございます。

ゴールデンウィーク始まりました。

どこにも行けないからと言って無駄に過ごさないように気を付けましょう。

本題ですが、

今日は、セルフ・パートナーケアサービスを紹介。

スポンサーリンク

caroa me(カロアミー)

サービスイメージ
サービスイメージ

株式会社caroaより、2021年4月28日よりβ版が提供開始されたサービス。

公式より転載

はじめまして、caroa me(カロアミー)です。
caroa meは「自分を考え、自分について考えてもらう」ことで自分自身や、パートナーをケアするためのアプリです。

まずは自分自身について考えてみます。
どんな時に気分が上がり、どんな時に落ち込むのか。

そして、パートナーにも共有してみましょう。
自分のことを考えてもらうきっかけになります。同時に、パートナーのことも考えるきっかけにもなります。

今よりもっといい毎日を。

新型コロナの影響もあるのかなと思いますが、以前より落ち込みやすくなったとか、元気が出ない、疲れが取れないって方が増えているようです。

心が健康じゃないと、身体までしんどくなるのってなんだか不思議ですよね。

そんな風に元気が無くなることが多い方は、漠然と過ごすのではなく、自分自身についてもっとよく知ることが大切です。

特長

※枠内は公式より転載

自分自身のことを考えるきっかけに

自分のことを考える
自分のことを考える

たとえば…

  • 気分、感情が動いたときを残しておく
  • 夜に1日あったことを振りかえる
  • 簡単な日記をつける
  • 生理の状況を記録、予測する
  • 気圧や天気から自分の体調を予測する
  • 自己分析をする

人間は過去のことはなかなか思い出せないものです。そのために、日々のことを少しずつcaroa meに残してみてください。

例えば、今日がすごく辛いと思った時に、半年前のことを振り返ってみます。すると、前もこんなに大変なことがあったと思い返すことができます。

張り切って日記書かなくても大丈夫です。

今日は気分が良いのか、良くないのかそれだけでも残しておくと、自分のことを考えるきっかけになります。

私も片頭痛もちなので、できるだけ症状が出たときはカレンダーに記録を残すようにしています。

それと同じようにちょっと調子が悪いとか、なんか調子いいとかっていうのも記録を付けていくと何かわかるかもしれませんね。

自分のことを人に考えてもらう

自分のことを考えてもらう
自分のことを考えてもらう

1人だけでも使えますが、さらに効果的に使うには「パートナー連携」をしてみてください。(※近日追加予定)

自分の身近な数人に、自分の気分や、女性であれば生理についてなどを共有することができます。

もちろん、誰にどんなことを共有するのかは選択できます🙆‍♂️

共有することで、1人だけで抱え込まないで誰かと手をつなぎ合い、自分のことについて考えてもらうきっかけをつくることができます。

家族やパートナーと協力することができれば、よりよい生活を送ることができるかもしれませんね。

まとめ

今後も様々なアップデートを予定しているようですし、最近なんだか調子が悪いなって方はまず自己分析から始めてみるといいと思いますよ。

今後の予定
今後の予定

気になった方はチェックしてみてください。

ではでは。

サイトはこちら

スポンサーリンク


関連するコンテンツ