必要な時に手元に無い、あいつ(お薬手帳)を電子化できる「harmo(ハルモ)」

2018年11月23日Android, iOS, アプリ, サービス

おはようございます。

定期的に通院している場合や、
しっかりした人は忘れることがあまりないかもしれませんが、
私の場合たまに急病で病院に行くと、間違いなくあいつを持っていなくて薬局のお姉さんにちょっと嫌な顔をされたりします。

よくよく考えるとこれほど電子化しやすいものもないだろうに
医療関係は難しいんでしょうかね。

まだ加盟店は多くはないですが、有力なサービスがあったので調べてみました。

スポンサーリンク

harmo(ハルモ)

サービスイメージ
サービスイメージ

harmoは、ソニーが提供している電子お薬手帳。

利用者(患者)自身で服薬情報を簡単に一元管理でき、
その情報を医療関係者が共有、活用できる電子お薬手帳を基盤としたシステムとなっています。

また、服薬している医薬品についての情報が厚生労働省より通知された際に
利用者のスマートフォンにいち早く発信する機能も備えています。
これにより利用者自身が医薬品に対しての情報を自身で把握することができ、問題点や疑問点があれば医療機関・薬局等に相談をする等の対応がとれるようになります。

harmo加盟店がお近くにある場合は
スマートフォンに専用のアプリをインストールせずに、専用のカードを発行し、自身の服薬情報等をクラウドサーバーに記録することができます。

加盟店がなくても
スマートフォンに専用アプリをインストールすることによって
いつでもご自身で情報を確認できるほか、ご家族の情報なども参照することができます。

更には、
紙媒体のお薬手帳は無くしてしまうと今までの服薬履歴が
簡単には分からなくなってしまうのに対し、電子化された情報であればカードやスマートフォンを無くしても履歴自体が無くなることはないので安心です。

サービス概要イメージ
サービス概要イメージ

スマホで出来ること

※枠内は公式より転載

お薬手帳をスマートフォン1台に

紙のお薬手帳を持たなくても、いつも持ち歩いているスマートフォンで、すぐにお薬の履歴を確認できます。子どもや親も登録できるので、ご家族のお薬の履歴をスマートフォン1台で確認できます。

アラームで飲み忘れを防止

harmoアプリに登録したご家族について、それぞれの服用のタイミングに合わせてアラームを設定できるので飲み忘れを防ぐことができます。

スマートフォンをなくしても大丈夫

お薬の履歴はharmoデータセンターで安全に保管。スマートフォンをなくしても、データは失われません。
※スマートフォンでデータを復元するには、ユーザー引き継ぎ用の二次元コードをバックアップしておく必要があります。

スマホ(ライト会員)とカード会員との違い

加盟店であれば、もちろんカード+スマホが便利ですが、
お近くに加盟店がなければスマホだけでも十分利用する価値はあるかと思います。

カードとスマホの違い
カードとスマホの違い

残念ながら私がかかっている病院は加盟してませんでした。。

まとめ

私は独り身ではありますが、
例えば、両親がどういった薬を服用しているか把握していません。

よく考えると、万が一の場合にどうしていいかわからないってことですよね。
それは逆もまた然り。

そういった部分でも
電子化することによって簡単に情報共有できる仕組みでもありますので
是非世に広まっていってほしいと思います。

お近くに加盟店がなくても
スマートフォンでひとまず一元管理を始めましょう。

ではでは。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ