Oracle Database 12c Release2 でPDB、テーブルを作成する

Oracle, 開発

おはようございます。

昨日に引き続き、
Oracle 12c に PDB 、テーブルを作成していきたいと思います。

インストールは昨日の記事を参考にしてください。

Oracle Database 12c Release 2 を Windows10 にインストールする

スポンサーリンク

PDBの作成

PDB(プラガブル・データベース)を作成します。

データファイル用のディレクトリを作成

PDBのデータファイルを格納するディレクトリを事前に作成します。

今回は、「SAMPLE」というPDBを作成するため、次の場所にディレクトリを作成します。

C:\app\OracleUser\oradata\orcl\sample

CDBに接続する

CDB(マルチテナント・コンテナ・データベース)に接続します。

コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行してください。

CDBへの接続
CDBへの接続

認証エラーが発生した場合は、インストール時に設定したユーザー/パスワードを確認してください。

TNSエラーが発生した場合は、サービスが起動していることを確認してください。

起動しているのにエラーが出る場合は Google さんに聞いてみてください。

PDB作成コマンドを実行

続けて次のコマンドを実行します。

pdbseed というテンプレートを利用して、PDBを作成するコマンドです。

PDBの作成
PDBの作成

「プラガブル・データベースが作成されました」と表示されます。

エラーが発生する場合、データファイル用ディレクトリの有無や権限などを確認してみてください。

PDBの起動

PDBは作成後、およびCDB起動後デフォルトで「MOUTED」状態となっています。
このままだと操作できませんので起動しましょう。

PDBの起動
PDBの起動

また、状態を確認する場合は次のコマンドを実行します。

PDBに直接接続する設定をする

PDBに直接、簡単に接続するためにTNSを追加します。

デフォルトでは次の場所にTNSNAMESファイルが格納されているので、次の情報を追記。

C:\app\OracleUser\product\12.2.0\dbhome_1\network\admin\tnsnames.ora

PDBの自動起動設定

PDBを自動で起動するように設定します。

PDBに sysdba として接続して次のコマンドを実行します。

PDBの自動起動設定
PDBの自動起動設定

ユーザー権限の設定

作成した「sample_usr」の権限を設定します。

ひとまずテスト用なので全権を付与。

権限の付与
権限の付与

以上でPDBの作成・設定はひとまず完了です。

テーブルの作成

続いてテーブルの作成をおこないます。

PDBに接続して次のコマンドを実行。

テーブル作成
テーブル作成

エラーが発生しなければOKです。

データ追加

続けて作成したテーブルにデータを追加します。

データ追加
データ追加

エラーが発生しなければOKです。

データ抽出

PDBに接続して次のコマンドを実行します。

検索結果
検索結果

まとめ

ひとまず、今まで(11g以前)通りの感じでテーブルの操作ができました。

そのうち時間が出来たらC#やJavaなどから接続するのを試してみようと思います。

何かのお役に立てれば。

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

Oracle, 開発Oracle, RDBMS

Posted by doradora