Trac Lightning レポートを利用して状況別件数一覧を表示する

2018年7月11日Trac Lightning

おはようございます。

連チャンの Trac Lightningネタすみません。

レポート機能を使って、
ロードマップ画面に担当者別、状況別件数一覧を表示する方法を紹介します。

スポンサーリンク

新規レポートの作成

次のURLにアクセスします。
http://[tracのルート]/[プロジェクト名]report

レポートの作成
レポートの作成

「新しいレポートの作成」ボタンをクリックします。

レポート作成
レポート作成

レポートの名称、詳細を入力します。
レポートのクエリには次のSQLを記入し、「保存」ボタンをクリックします。

status は、カスタマイズしている場合それに合わせて変更してください。
上記の場合は、レビュー待ちと対応済みを追加してあります。

レポート追加完了
レポート追加完了

完了メッセージが表示されればOKです。

それ以外に警告も表示されていますが、
「$MILESTONE」という引数を受け取るようにSQLに設定しており、
引数が設定されていないために表示されるものです。

右側赤枠の部分に対象のマイルストーン名を入力すると警告を消すことができます。

マイルストーンの作成

ロードマップメニュー
ロードマップメニュー

上部メニューの「ロードマップ」をクリックします。
(管理メニューでも作成することはできます)

マイルストーン追加
マイルストーン追加

「新しいマイルストーンを登録」ボタンをクリックします。

マイルストーン追加画面
マイルストーン追加画面

マイルストーン名を入力、
詳細には次の文字列を入力します。

1行目は「ReportIncludePlugin」というプラグインを利用したマクロです。
Trac Lightning 3.2 であればデフォルトでインストール、有効化されています。

詳細は下記ページを参照
Shibuya trac
https://ja.osdn.net/projects/shibuya-trac/wiki/plugins%2FReportIncludePlugin

2行目はデフォルトの機能で、
チケットの一覧を表示するためのマクロとなります。
これについての詳細はヘルプページを参照してください。
http://[tracのルート]/[プロジェクト名]/wiki/TracQuery#UsingtheTicketQueryMacro

マイルストーン追加完了
マイルストーン追加完了

マイルストーンを保存すると、完了メッセージが表示されます。

表示イメージ
表示イメージ

チケットにマイルストーンを設定すると、上記のように表示されるようになります。
一目で状況がわかるので進捗の管理に便利ですよね。

まとめ

Trac は 通常 SQLite3(PostgreSQL、MySQLも利用可)を利用するようになっていて
案外簡単なテーブル構造なので、SQLさえ書ければ色んなレポートが作成できます。

どうせ導入するのであれば色々なレポートを作成し、
プロジェクトが捗るようにしたいですね。

テーブル構造については次のページが参考になるかと思います。

suzukijの日記 様
http://d.hatena.ne.jp/suzukij/20120206/1328539509

ではでは。

 

スポンサーリンク


関連するコンテンツ

2018年7月11日Trac LightningBTS, SQLite, Trac, TracLightning, ソフトウェア, レポート

Posted by doradora