Trac Lightning の チケット項目をグループ化するプラグイン「TracTicketFieldsLayoutPlugin」

2018年7月11日Trac Lightning, ソフトウェア

おはようございます。

今日は Trac Lightning のチケットレイアウトを
グループ化したり、非表示にしたりできるプラグインを紹介します。

デフォルトのチケット登録画面
デフォルトのチケット登録画面

デフォルトのチケット登録画面は上記のようなレイアウトになっています。

このままでも利用はできますが、カスタムフィールドを増やしたり
必須で入力してもらいたい項目、任意でもよい項目とグループ分けをすると
チケットを登録する人が迷わないで済むのでいいですよね。

スポンサーリンク

ダウンロード

tracpath の中の人が作成したプラグインで、tracpath でも利用されています。
便利なプラグインに感謝。

https://trac-hacks.org/wiki/TracTicketFieldsLayoutPlugin

ダウンロードサイト
ダウンロードサイト

ダウンロードリンクをクリックします。

インストール

スタートメニュー>Trac>コマンドプロンプトを起動します。

(Trac)コマンドプロンプト
(Trac)コマンドプロンプト

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、
コマンドプロンプトから「setup.py」が格納されている場所へ移動します。

(Trac)コマンドプロンプト
(Trac)コマンドプロンプト

次のコマンドを実行します。

セットアップ完了
セットアップ完了

上記のように表示されれば完了です。

サービスの再起動

一応、Tracを再起動します。
コントロールパネル>管理ツール>サービスを起動します。

サービス画面
サービス画面

TracLightning を選択し、「サービスの再起動」をクリックします。

プラグインの有効化

サービスの再起動が完了したら、プラグインを有効化します。
適用したいプロジェクトの管理画面を開きます。

管理メニュー
管理メニュー

管理画面左側メニューの「プラグイン」をクリックします。

プラグイン設定画面
プラグイン設定画面

全ての機能を有効にし、「変更を適用」ボタンをクリックします。

プラグインの設定

管理メニュー
管理メニュー

管理画面左側メニューの「チケットレイアウト」をクリックします。

チケットレイアウト設定画面
チケットレイアウト設定画面

チケットレイアウトの設定画面が表示されるので、最初にグループを追加します。
「グループを追加」ボタンをクリックし、必要なグループを作成してください。

チケットレイアウト設定画面(グループ追加)
チケットレイアウト設定画面(グループ追加)

今回は、必須と任意グループを作成しました。

チケットレイアウト設定画面(項目のグループ分け)
チケットレイアウト設定画面(項目のグループ分け)

続いてそれぞれのグループに項目を移動していきます。
ドラッグアンドドロップで操作ができるので簡単、直感的に操作できます。

また、デフォルトで非表示グループというのが用意されていて、
ここに移動した項目については、チケット登録画面に表示されないようになります。

今回はバージョンが不要だったので、バージョンを非表示グループに移動しました。

チケットレイアウト設定画面(完了)
チケットレイアウト設定画面(完了)

グループ分けが済んだら、「変更を適用」ボタンをクリックします。

上部に「変更が保存されました」というメッセージが表示されれば完了です。

ここでエラーメッセージが表示される場合は、
Tracのプロジェクト設定ファイル(trac.ini)をテキストエディタ等で
開いていないか確認してください。

私はよくこれで怒られたりしてます。

カスタマイズ後のチケット登録画面
カスタマイズ後のチケット登録画面

チケットレイアウトを適用した後のチケット登録画面です。
必須の項目と、任意の項目でグループ分けして表示されていますね。

デフォルトでグループを折りたたんだ状態にする

グループ分けした項目は、
グループ名称の左側▼マークをクリックすると折りたたむことができます。

例えば任意の項目は、デフォルトで表示していなくていいので、
チケット登録画面表示時には折りたたんだ状態にしたいってこともあるかと思います。

そういった設定も可能です。

チケットレイアウト設定画面(非表示設定)
チケットレイアウト設定画面(非表示設定)

管理画面から「チケットレイアウト」画面を表示し、
グループ名の右側にある、「最小化」にチェックをすればデフォルトで最小化された状態となります。

チケット登録画面
チケット登録画面

こういった細かいところまで気が利いていてすばらしいですね。

まとめ

Tracはプラグインによるカスタマイズが簡単で有名です。
色々なプラグインが無料にて公開されているので、ガンガン使って便利にカスタマイズして
プロジェクトメンバーに効率よく作業してもらえるようにしたいですね。

便利なプラグインについては色々紹介したいと思います。

では。

スポンサーリンク


関連するコンテンツ